ホーム » 人物名鑑 » タレント » ビートタケシ[ビートたけし]

ビートタケシ[ビートたけし]

■ビートたけし‥
◆東京都足立区出身
◆1947年1月18日生
◆明治大学→ライト企画→吉川事務所→太田プロ→オフィス北野→TNゴン




略歴

1965年、明治大学に入学するが、大学生活になじめず、行かなくなる。

1972年、東京・浅草のストリップ劇場で芸人見習い志願としてアルバイトを始める。

 

深見千三郎に師事

劇場の座長であった深見千三郎に師事し、常に師のボケにつっこむという修行により、芸を仕込まれる。

深見千三郎は、舞台による芸を主軸に考えていたが、たけしが売れてテレビに出るのを望んだため破門になる。

深見千三郎は、たけしを破門にしたが、絶縁状態ではなく、様々な形でたけしの活動に協力した。

 

漫才コンビ「ツービート」結成

2歳年下で2年先輩の兼子二郎からの誘いで、漫才コンビを結成する。

コンビ名は、「松鶴家二郎・次郎」「空たかし・きよし」と変わったが、最終的に「ツービート」となり、「ビートたけし」と「ビートきよし」のコンビとなった。

当初はきよしがボケでたけしがツッコミだったが、たけしの暴力的なネタが抜群に受けたため、たけしがボケできよしがツッコミに変更された。

ツービートは、タキシードに蝶ネクタイという漫才師の従来のスタイルから脱却するため、アイビールックなどを着て舞台に上がるようになり、徐々に服装は何でもありになっていった。

ツービートが速いテンポの暴力的なネタで爆発的な人気となり、他の芸人もツービートの芸を観るため楽屋が空っぽになったという。

1979年、漫才師の内海ミキと結婚する。

 

ツービート「毒ガス漫才」が大ヒット

1980年からの漫才ブームに乗り、ツービートの「毒ガス漫才」が大ヒットとなった。

当初は、漫才のネタの内容があまりにも過激だったため、批判を受けることが多かったが、「たかが漫才師の言う事に腹を立てるバカ」と言ってのけた。

 

「毒ガス標語」「コマネチ」など数々の大ヒット作を出す

あまりにも過激な標語や一発ギャグを漫才やお笑い番組で次々と披露し、ツービートは爆発的な人気を得て、テレビでビートたけしの姿を見ない日が無いほどであった。

毒ガス標語
「注意一秒ケガ一生、車に飛び込め元気な子」
「気をつけよう、ブスが痴漢を待っている」
「寝る前にちゃんと絞めよう親の首」
「赤信号みんなで渡れば怖くない」
「少年よ大志を抱け。老人よ墓石を抱け」

一発ギャグ「コマネチ」

 

一人の仕事が増える

1982年までフジテレビ「笑ってる場合ですよ」に出演していたが、当番組は終了となり後番組のオファーがあったが、たけしはこのオファーを断った。

後番組として「タモリの笑っていいとも」が始まり、タモリの代表作となる長寿番組となった。

ビートたけしは、このころから一人の仕事が増える。

 

テレビで様々な番組作りを行い、次々とヒット作を出す

1980年代は、テレビ番組内で企画をする役割も大きくなり、様々な企画を提案し、ヒット作を次々と生み出した。

弟子を集めて「たけし軍団」を結成し、お笑い番組で体を張ったギャグを追求した。

■このころの出演番組
スーパージョッキー(日本テレビ)
天才・たけしの元気が出るテレビ!!(日本テレビ)
ビートたけしのスポーツ大将(テレビ朝日)
痛快なりゆき番組 風雲!たけし城 (TBS)
OH!たけし(日本テレビ)
世界まるごとHOWマッチ(毎日放送)
オレたちひょうきん族(フジテレビ)
オールナイトニッポン(ニッポン放送)

 

「お笑いタレントBIG3」と言われるようになる

1980年代前半までは、「萩本欽一・タモリ・ビートたけし」が、「お笑いタレントBIG3」と言われていた。

1980年代後半から、萩本欽一が徐々にテレビ出演が減り、明石家さんまが「俺たちひょうきん族」でビッグスターになったことにより、お笑いタレントBIG3は「タモリ・ビートたけし・明石家さんま」と変わっていった。

 

交際女性が写真週刊誌から怪我をさせられ激怒しフライデー襲撃・不倫は話題にもならず

雑誌「GORO」でたけしの取材をしていた記者がフライデー編集部に移籍したが、そのことを隠して「GORO」の記者を名乗って取材するような、卑怯なやり方をしていたことがビートたけしの怒りを買っていた。

1986年12月8日、ビートたけしと交際中の女性が、写真週刊誌「フライデー」の記者から無理やりな取材を受け、取材を断って立ち去ろうとしたときに、手を無理やり引っ張られてねん挫などの怪我を負わされた。

ビートたけしは激怒し、一部のたけし軍団員を引き連れて、講談社のフライデー編集部に押しかけ、暴行を働き、住居侵入・器物損壊・暴行の容疑で警察に現行犯逮捕される。

東京地方裁判所は、ビートたけしに懲役6か月(執行猶予2年)とし、たけし軍団は起訴猶予とした。また、講談社の過剰な取材方法に苦言を呈した。

ビートたけしは、6か月の謹慎を経て、芸能活動に復帰した。

ビートたけしは元々普段から悪い奴だというイメージが強すぎて、不倫については全く話題にされなかった。

 

映画監督として作品を産み出す

1989年、映画監督としての作品「その男、凶暴につき」を発表する。

その後、次々と作品を産み出し、世界的にも評価を受け、数々の賞を受賞し、日本の代表的な監督の一人となった。

■北野武監督作品
その男、凶暴につき(1989年)
3-4X10月(さんたいよんえっくすじゅうがつ)(1990年)

あの夏、いちばん静かな海。(1991年) 
ソナチネ(1993年) -
みんな〜やってるか!(1995年) 
キッズ・リターン(1996年) 
HANA-BI(1998年) 
菊次郎の夏(1999年) 
BROTHER(2001年)
Dolls(2002年)
座頭市(2003年) 
TAKESHIS'(2005年)
監督・ばんざい!(2007年) 
アキレスと亀(2008年) 
アウトレイジ(2010年)
アウトレイジ ビヨンド(2012年)
龍三と七人の子分たち(2015年)
アウトレイジ 最終章(2017年)

 

バイクで事故

1994年8月2日、原付バイクで事故を起こし、頭部に重傷を負い、幸い命は助かった。

酒気帯び運転で書類送検され起訴猶予処分となった。

テレビ出演は約半年間できなかった。

 

退院時に顔面麻痺の姿を公表

バイク事故から約半年で退院し会見を行ったが、顔面麻痺の状態だったため見ている人に衝撃を与えた。

その後、レギュラー番組に復帰した。

 

再婚する

2014年4月、18歳年下の女性との交際が報じられる。

2018年3月、オフィス北野から独立し、新事務所「TNゴン」に移籍する。

2019年6月、妻と離婚する。莫大な財産を元妻に譲渡したといわれている。

2020年2月、交際していた女性との再婚を発表する。

関連記事


    コメントする

    メールアドレスが公開されることはありません。

    「megamatsuko」登録6239571号