ホーム » 最新記事 » 芸能 » 芸能ニュース » 2021.04.07・矢作兼が聖火ランナーの難しさを「少年刑務所の慰安」に例えて説明

2021.04.07・矢作兼が聖火ランナーの難しさを「少年刑務所の慰安」に例えて説明

■矢作兼‥




矢作兼が「バイキング」に出演・聖火リレーの難しさを「少年刑務所の慰安」に例えて説明

矢作兼は、4月7日に放送されたフジテレビ「バイキング」に出演した。

番組では、聖火リレーの様々な問題点と難しさを取り上げた。

 

聖火リレーの難しさ

◆聖火リレーを観に集まった人達はどうしても密になってしまう。

◆観に来た人たちは、どの人もマスクはしているが、どうしても声援をしてしまう。

◆「静かに応援しましょう」ということになっているが、聖火リレーをやっておいて、集まってきた人に応援の仕方の制限をするのは無理がある。

◆聖火ランナーは遠慮がちに笑顔で手を振るくらいで、微妙な感じになっている。

 

矢作兼が聖火ランナーの難しさを「少年刑務所の慰問」に例えて説明

矢作兼は、過去に少年刑務所に慰問に行った時のことを振り返った。(趣意)

 

少年刑務所に慰問に行ったとき、看守が受刑者に向かってこう言った。

「これから、お笑い芸人さんが芸をみせてくれるから、騒いだり笑ったりしないで、きちんと観るように」

ネタをやると笑ってくれるんだけれども、受刑者が笑うと注意をされてしまう。

「それじゃどんな風に観ればいいんだよ」

という感じだった。

今の聖火ランナーは、そんな感じの

「微妙な空気の中で走る」

という難しさがある。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

「megamatsuko」登録6239571号