ホーム » 人物名鑑 » 作家 » フルイチノリトシ[古市憲寿]

フルイチノリトシ[古市憲寿]

◆東京都出身
◆1985年1月14日生
◆慶応大→オスロ大学留学→東京大修士課程→作家・社会学者




略歴

1985年1月14日生まれ、東京都出身である。

2003年、慶應義塾大学に入学する。

2005年、ノルウェーのオスロ大学に留学する。

2007年、慶応義塾大学を卒業後、東京大学大学院総合文化研究科・国際社会科学専攻・相関社会科学コース修士課程を履修し修了する。

社会学者として政府の様々な会議に関与・テレビ出演多数

2012年、野田内閣の内閣官房国家戦略室「フロンティア分科会」部会委員となる。

2013年、安倍内閣の「経済財政動向等についての集中点検会合」委員、内閣官房行政改革推進本部事務局「国・行政のあり方に関する懇談会」メンバーとなる。

2014年、内閣官房「クールジャパン推進会議」メンバーとなる。

2014年、朝日新聞信頼回復と再生のための委員会外部委員となる。

2015年、伊勢志摩サミットロゴマーク選考会審査委員となる。

2016年、自民党「歴史を学び未来を考える本部」オブザーバーとなる。

「ハーフは劣化が早い」発言で批判を浴びる

2016年、フジテレビ「ワイドナショー」に出演し「ハーフは劣化が早い」と発言し、かなり批判を浴びる。

2017年、厚生労働省「多様な選考・採用機会の拡大に向けた検討会委員」委員となる。

芥川賞候補になるが落選

2018年、小説「平成くん、さようなら」で芥川賞候補となるが落選する。

2019年、内閣府「パラダイムシフトと日本のシナリオ懇談会」メンバーとなる。

2019年、「百の夜は跳ねて」で芥川賞候補となるが落選する。

【出典】https://ja.wikipedia.org/wiki/


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

「megamatsuko」登録6239571号