ホーム » 最新記事 » 注目ニュース » 2020.06.23・日本のスーパーコンピューター「富岳」計算速度で世界1位を9年ぶりに奪還

2020.06.23・日本のスーパーコンピューター「富岳」計算速度で世界1位を9年ぶりに奪還


スポンサーリンク

日本のスーパーコンピューター「富岳」計算速度で世界1位を9年ぶりに奪還

日本のスーパーコンピューター「富岳」が、計算速度を競う世界ランキング「TOP500」で1位を獲得した。

日本のスーパーコンピューターが1位となるのは、2011年に「京」が1位となって以来で9年ぶりとなる。

「富岳」は「京」の後継機として理研と富士通が開発してきた。計算速度は毎秒41京回であり、「京」の40倍ぐらい早い。
(※京=1兆×1万)

現在は試運転として運用されており、新型コロナウィルスの治療薬候補の探索になどに使用されている。今後は、気象情報、地球環境の変化の予測、薬品開発など、様々な分野での活用が期待されている。

文科省は、2021年度の本格的運用に向けて、1,100憶円の予算を見込んでいる。


スポンサーリンク

最新ニュース


    スポンサーリンク


    コメントする

    メールアドレスが公開されることはありません。

    「megamatsuko」登録6239571号