ホーム » 最新記事 » 解説・発言 » 2019.11.20・・ユッキーナが間違えているところ

2019.11.20・・ユッキーナが間違えているところ

ユッキーナが間違えているところ=「嘘と悪口」「謝る内容がおかしい」「芸能活動休止は間違い」


スポンサーリンク

ユッキーナが間違えているところ

ユッキーナ(木下優樹菜)が、姉が勤めていた店とのトラブルに対する対応により、批判を受けている。ユッキーナは、対応をすればするほど世間の批判が収まらない状況に陥り、芸能活動休止に追い込まれた。

経緯

7月、ユッキーナは、姉が勤めていた都内のタピオカ店を「ゆきなのお姉ちゃんがオープンしました」とインスタグラムで公開した。姉は従業員でありオーナーではなかったため、トラブルとなった。

10月、ユッキーナは、「もうお店に行かなくて大丈夫です」と発言し、さらに、店の批判を始めた。内容は、姉が給料不払いなどの被害にあったなどであった。

それにより、店が大変な被害を受けた。勝手にお店の写真を撮る者が現れ、ネットには「つぶれればいい」「何もなければいいけど」という不穏な書き込みが多数出た。そのため、店をしばらく閉めるという事態となり、店の関係者は体調を崩してしまった。

その後、店のオーナーが、ユッキーナから送られた恫喝メッセージをネットに公開した。また、すべての給料を振り込みで支払っていること、姉の店ということにして宣伝してほしいと頼んだことないこと、を公表し反論した。

その後、ユッキーナは、「実の姉の事なので一時的に感情的になってしまいました。非常に失礼な発言をした事をとても反省しております」とSNSで謝罪した。さらに、芸能活動自粛を発表した。

ユッキーナが間違っているところ=嘘をついたこと

姉がオーナーであるか従業員であるかぐらいのことは、知らなかったということはないだろう。7月に「ゆきなのお姉ちゃんがオープンしました」という投稿はすでに嘘である。本当に知らなかったのであれば、即座に訂正すれば大きな問題にはならなかったであろう。

ユッキーナが間違っているところ=事実関係を確認しないで発言し、嘘を重ねてしまったこと

ユッキーナは、姉から聞いた話をそのまま受け取り、事実関係を確認せずに店の批判をした。給料が支払われているか程度のことは、何らかの方法で容易に確認できたであろう。

ユッキーナが間違っているところ=ただの悪口を重ねてしまったこと

ユッキーナは、さらに不必要な悪口を重ねた。

「弁護士立てて法的処置いくらでもできるから」
「出方次第でこっちも事務所総出でやりますね」

「いい年こいたばばあにいちいち言う事じゃないと思うしばかばかしいんだけどさー」
「色々頭悪すぎな」

このような内容のメッセージがユッキーナから店側に送られ、店側がこのメッセージを公開したことにより、ユッキーナへの批判が大きくなった。

このように言えば、相手が黙るとでも思ったのであろうか。

ユッキーナが間違っているところ=謝る内容が間違っている

ユッキーナは、店側に謝罪をしているが、謝り方が間違っている。店が受けた被害は、嘘の情報を公表されたことを発端としたトラブルにより、店の営業休止や関係者の体調不良などの事態に陥ったことである。しかし、ユッキーナのSNSによる謝罪は必要な内容が伴っていない。

「私の自己中心的な発言により、相手の方、相手の関係者の方々に大変不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ございませんでした。」
「実の姉の事なので一時的に感情的になってしまいました。非常に失礼な発言をした事をとても反省しております」

この謝罪文で「自己中心的な発言をした」「大変不快な思いをさせた」「失礼な発言をした」を謝っているが、謝るべきことは、店の売り上げや関係者の体調など、もっと深刻なことなのである。

ユッキーナが間違っているところ=謝罪文に必要なものが無く、不必要なものがたくさん入っている

さらにユッキーナは、店長に直接送った謝罪文の中で、謝罪の言葉以外に以下のような内容を付け足している。謝るべきことは店の売り上げや関係者の体調などなのだが、その内容は無く、余計なことをたくさん付け足したことにより、おそらく店側は納得しないだろう。

(1)姉にも言い分がある。
(2)姉は経営のことに関して知識がない。
(3)今回のことが尾を引くことは子供のために良くない。
(4)お互いに誹謗中傷をしないこととお互いに第三者に話をしないことにより解決したい。
(5)今後一切お店や関係者に関することは掲載しない。
(6)今後も姉をよろしくお願いします。

疑問点
(1)このタイミングで、なぜ姉の言い分があることを言う必要があるのか?
(2)姉は従業員なのに経営の知識は必要なのか?
(3)このタイミングで、なぜ自分の子供が心配であることを言うのか?
(4)このタイミングで誹謗中傷をしないとか第三者に話をしないとか要求する立場なのか?
(5)店のことをSNSにあげたのは、もともとユッキーナが勝手にやったことではないのか?
(6)このタイミングでこれを言うのか???

謝罪するときは、自分たちを正当化するようなことや要求事項を付け足してはいけない。

ユッキーナが間違っているところ=芸能活動を休止したことは間違いである

さらにユッキーナは、芸能活動を休止すると発表した。これは間違っている。なぜなら、ユッキーナはもともと好感度が高いわけではないからである。

ユッキーナのイメージ
「元ヤンキー」
「福番長」
「モー娘オーディションは協調性のなさで落選」
「おバカタレントで常に言いたい放題」
「ディズニーランドでマナーが悪い」
「夫を服従させていることを自慢」

このイメージで芸能活動をしていたユッキーナが、姉とトラブった人を恫喝したのである。これは予想外のことであろうか。どちらかというとユッキーナがやりそうなことではないか。

ユッキーナのインスタグラム人気は、「あのおバカキャラが人の役に立っている。頑張っている。」ということではないのか。

元ヤンキーのおバカキャラのユッキーナが、自由奔放にしながらも、家庭を守りながら、人々を楽しませる情報を世に提供している、これが人気の理由ではないのか。

ユッキーナの好感度が高く、女性から憧れの対象になっているわけではない。ユッキーナはその枠ではない。

何をどのように勘違いして、活動休止にいたったのであろうか。


スポンサーリンク

最新ニュース


    スポンサーリンク


    コメントする

    メールアドレスが公開されることはありません。

    「megamatsuko」登録6239571号