ホーム » 最新記事 » 芸能 » 発信 » 2019.07.20・・田村亮「子供が謝ろうとしているのを止めるのは親ではない」

2019.07.20・・田村亮「子供が謝ろうとしているのを止めるのは親ではない」

宮迫博之(雨上がり決死隊)と田村亮(ロンドンブーツ1号2号)が、所属事務所を通さずに行った営業の中で反社会勢力と関わった問題について、記者会見を行った。


スポンサーリンク

田村亮「子供が謝ろうとしているのを止めるのは親ではない」

宮迫博之が吉本興業・岡本社長とのやりとりを説明

会見の中で、宮迫博之は、6月24日にあった吉本興業・岡本社長とのやりとりについて説明した。

その中で、田村亮が「記者会見をやらしてください。全部僕たちの口で、金額、経緯を伝えさせてください」と会社に主張し、会社がそれを認めなかったこと、田村亮がさらに「辞めてでもぼくひとりでも会見をさせてくれ」と言ったことなどの経緯を説明した。

 

岡本社長「おまえら全員クビにする力があるんだ」

宮迫はさらに、社長からかけられた言葉などを赤裸々に述べた。
社長「おまえらテープまわしてないやろうな」
宮迫「まわしていません。そんなことするわけありません」
社長「亮、ええよ。お前辞めて一人で会見したら。やってもええけど、ほんなら全員連帯責任でクビにするからな。それでもええんなら記者会見やれ。おまえら全員クビにする力があるんだ」

 

会社は会見を拒否・・宮迫・田村は自ら弁護士を付けた

宮迫は、7月8日に再度会社に会見を開くことを願い出たが拒否されたことについて述べた。
「僕と亮君が社長のもとに行き、自分が全責任を負い引退するので謝罪させてほしいとお願いしました」

会社の答えは
「引退させない。させるわけにはいかない」「謝罪会見はさせてやる。その代わり、期間はこちらで。いつになるか明言できない」

再度、1日でも早く会見をするべきであると主張したが聞き入れられず、宮迫と亮は自分たちのそれぞれの弁護士をつけることを選択したという。

 

田村亮「謝ろうとしてるのを止めるのは親ではない・・本当のことを言うのがどんどん遅れてしんどくなってました」

田村亮は、問題発覚後の経緯の中で、吉本興業の弁護士が会見を開こうとしないのを納得できなかったという。
「弁護士さんたちが言うには、我々が弁護士さんを付けたことを上層部は悲しがってる、ファミリーだと」

田村亮は、苦しかった心境について、涙ながらに語った。
「僕に言わせれば、ファミリーなら子供が正しいことを言って、謝ろうとしてるのを止めるのは親ではない。それをやられて不信感しかなくなってしまいました。背中を押してほしかった。本当のことを言うのがどんどん遅れて、しんどくなってました。弁護士さんを立てたことは正しかった。じゃないと、動いてくれなかった」

吉本との契約がどうなっているかを問われると、「自分的には契約解除されていると思っている・・・個人的には、契約解除していただきたいと思っている」と述べた。


スポンサーリンク

最新ニュース


    スポンサーリンク


    コメントする

    メールアドレスが公開されることはありません。

    「megamatsuko」登録6239571号