ホーム » 歴史 » 明治~平成 » 2011.03.15頃・・皇居が天皇陛下の意向で自主停電「国民と困難を分かち合いたい」「服を着れば大丈夫」

2011.03.15頃・・皇居が天皇陛下の意向で自主停電「国民と困難を分かち合いたい」「服を着れば大丈夫」


スポンサーリンク

天皇陛下の言葉「服を着れば大丈夫」

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)に伴い、東京都の大部分で計画停電が行われた。

皇居がある千代田区は、計画停電の対象外地域であったが、「国民と困難を分かち合いたい」とする天皇陛下の意向により、皇居は停電時間に合わせ電源を落とした。

この自主停電は、少なくとも3月15日から3月23日頃までスケジュールに合わせて行われた。

天皇陛下は、「お寒くないでしょうか」との趣旨の問いに対しては、「服を着れば大丈夫」とお答えになった。

※天皇陛下:第125天皇(平成の天皇陛下)


スポンサーリンク


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

「megamatsuko」登録6239571号